高知県ワークライフバランス推進企業

「次世代育成支援部門」「健康経営部門」で認証されました

当社は、2016年3月17日に高知県より「高知県ワークライフバランス推進企業(改正前の名称は、高知県次世代育成支援企業)」として認証され、子育て支援などに取り組んできました。

2019年4月より「次世代育成支援部門」での更新後、2020年3月25日付で「健康経営部門」でも認証され、2022年4月の更新以降も社員全員が働きやすい職場環境づくりを継続していきます。

【次世代育成支援部門】
  • 法を上回る看護休暇制度があり、1年につき子が1人の場合8日、2人以上の場合は13日まで取得できる。
  • 法を上回る育児短時間勤務制度があり、子が小学校就学の始期に達するまで取得できる。
  • 妻の出産時に3日間の特別休暇(有給)を取得できる。
  • 育児休業期間中、公的な給付金との合計が、平均賃金の80%に達するまで支給している。
【健康経営部門】
  • 30歳以上の職員のがん検診受診者に補助金を支給している。
  • 毎年全員対象の懇親会を開催している。
  • その他の取り組みは「健康経営」参照。

高知県ホームページ(株式会社轟組)

高知県ワークライフバランス推進企業認証制度とは、誰もが働きやすく、従業員の方々が働き続けられる職場環境づくりを目指し、「次世代育成支援」「介護支援」「年次有給休暇の取得促進」「女性の活躍推進」「健康経営」に積極的に取り組んでいる企業を県が認証する制度です。
(出典:高知県ワークライフバランス推進企業認証制度

父親の育児参加イメージ写真

一般事業主行動計画

次世代育成支援対策推進法および女性活躍推進法に基づき、仕事と子育ての両立支援や職場環境の改善など、全ての従業員の誰もが働きやすい職場を目指し、次の行動計画を策定します。

次世代育成支援対策推進法に基づく一般事業主行動計画

社員が仕事と子育てを両立させることができ、社員全員が働きやすい環境をつくることにより、全ての社員がその能力を十分に発揮できるように、次の行動計画を策定する。

1. 計画期間

2017年4月1日から2025年3月31日までの8年間

2.内 容
(目標 1)

子供が生まれる際の父親の休暇取得制度の促進を継続する。

(対 策)

2017年4月~ 配偶者が子供を出産する時、特別休暇(連続3日)の取得を促進するため、社内に制度内容を回覧する。

(目標 2)

若年者を対象にインターンシップや現場見学会を実施し、将来のキャリア形成につなげる。

(対 策)

2017年4月~ 教育機関や関連部署との連携を図り、インターンシップ等の受け入れ体制を整える。

2017年3月1日
株式会社 轟組

女性活躍推進法に基づく一般事業主行動計画

女性技術者を増やし、女性技術者が活躍できる工事現場環境の形成を図るため、次の行動計画を策定する。

1. 計画期間

2022年4月1日から2027年3月31日までの5年間

2.当社の課題

①女性技術者の応募者が少ない
②女性技術者が働きつづけられるための職場環境の形成が進められていない

3.目 標

技術職の女性を1人から5人以上にする

4.取組内容・実施時期
(取組内容 1:技術職の女性を積極的に募集する)

2022年4月~ インターンシップ・会社説明会の随時実施
2022年4月~ 各種民間主催の合同説明会等への積極的参加
2023年4月~ 募集用パンフレットの内容を一部見直し(改善された職場環境事項を掲載)

(取組内容 2:女性が工事現場で働きやすい環境整備を行う)

2022年4月~ 女性職員(事務職含む)による現場巡視を実施し、女性目線による職場環境改善により、より女性が働きやすい職場環境を形成する(更衣室、休憩所、トイレ他)
2022年6月~ 女性技術者の作業服を女性職員の意見を聴取したうえで変更を協議する(現在は男女共同じ作業服)
2022年8月~ 女性専用「相談窓口(女性が担当)」の設置
2022年8月~ 子育て中における突発的な各種問題に対応できるような就業規則の改定(法令以上)を検討する

2022年3月10日
株式会社 轟組